酒を飲まなくてコンディションが良くなると、逆にどれだけコンディションが悪くなっていたのかと感じる

昨日は久しぶりに酒を飲まずに済ませられました。

 

というのも、ここ最近飲酒量が多く、コンディションが悪かったためです。

・頭もやもや

・眠りも浅く短く

・おそらく肝臓も疲れ切っている

 

しかし、禁酒を経た今日は

 

寝覚めも爽快、気分も爽快

 

ここ数日コンディションが落ちていたので、コンディションが上がった錯覚に

陥るのですが、実際はこれが普通の状態のはずです。

 

「酒は百薬の長」といいますが、飲み過ぎた場合、

 

「酒は身近な毒薬」

 

となります。

 

・毎日飲みたくなる

・頭が働かなくなる

・睡眠が阻害される

 

といった状態になります。

 

そういった症状が全くないのであればよいのかもしれませんが。。

 

ちなみに昨夜取った方策は、

 

炭酸飲料を飲むこと!

 

なんとなくこれで代替できました。

 

アルコールを飲みたくなる要因、「なんか刺激が欲しい」という自分の

気持ちに応えられたのかもしれません。

 

しばらくこの作戦で禁酒を試みようかと思います。