気が向かないことは、まず小さなステップから

今日は本当は勉強しなければいけなかったんですが、サボってしまった。

 

もう全然勉強せずに、本ばかり読んで逃げていました。

 

そんな時はあの魔法のフレーズを思ってしまいます。

 

いいじゃないか、人間だもの。

 

そうだ自分は人間なのだから。。

 

 

言い訳をならべれば、

 

・昨日ちょっと疲れる過ごし方をしてしまった。

・そもそも勉強することに気が進まない。

 

といった所なんですが、こういった状態の時に、気が進まないことだけど必要なことを実行するノウハウを身に着けたいものです。。

 

結局喫茶店をはしごして1分も勉強テキストを開かずに帰ってきてしまいました。。

 

その間、読んでいた本でも自分に都合のいい、「好きなことをやれ!」「気が乗らないことはやらんでいい!」という内容ばかり読んでしまいました。。こういう時は言葉が麻薬のように効いてしまいます。。。

 

こういうの何とかしなきゃなあ。。

 

と、帰ってきてから読んだ本に載っていたのが、「音楽を聴きながらやればいいじゃないか!」というもの。

 

音楽聴きながら勉強なんて内容が頭に入らない、もっての外だ!

 

という話はよく聞くのですが、その逆の話だったので、おおっと思ってしまいました。

 

「音楽聴きながらだとしても、ゼロではないからゼロよりまし!」

 

という論でした。

 

まさに私の状況をご指摘頂いてありがたく耳が痛いです。。

 

よし、これからは勉強の助走では、音楽を聴きながらテキストをまず物理的に開くことから始めよう。

 

まずは行動から。。小さなステップから。。ですね。

最悪の事態を想定すると、楽観的になれる

嗚呼、もう秋ですね。

 

夏が好きなので寂しいですが、また次の夏に恋い焦がれるとしましょう。

 

 

人生で最悪な事態って何でしょうか?

 

それは死んでしまうことでしょう。

 

しかし、現実には死んでしまうことはそうそうないです。

 

であれば、死んでしまうかも。。なんてことは考えなくてよいですね。

 

そしたら次に現実的に今の自分から考えられる最悪の事態って何だろうと考えてみてください。

 

例えば、仕事を失うとか、借金1000万を背負うとか、彼女に振られるとか。。。

 

あんまり考えたくないですが。。

 

そして、その最悪の事態に自分は対処出来るか?と考えてみてください。

 

大体対処出来るんじゃないでしょうか?

 

仕事を失っても、借金1000万を背負っても、彼女に振られても、

 

死ぬわけじゃありません。

 

死ななければ何かしら対策・行動は出来ます。

 

そうやって最悪の事態が訪れても何とかなるんじゃないか。

 

そう思えたら、これからあり得るのはその最悪の事態よりはマシなことしかありません。

 

ならば、何も怖くありません。

 

人生を思う存分楽しみたいですね。

 

 

 

 

 

自分の道を自分で決める

今日も暇してます。ぽいずんです。

 

安室奈美恵さんの引退がニュースになっていますね。

 

確かめようもないけれど、本当の彼女はシャイらしい。

 

あんなにカッコイイイメージからは想像もつかない。

 

人は一度色眼鏡を付けたら、その眼鏡をなかなか変えない。

 

出来れば、眼鏡を沢山持って、すぐに付け替えられたらいい。

 

 

幸せってなんだ?って最近考えます。

 

それは自分が決めることなので、自分が勝手に決めていいのですが。

 

少しづつ見えてきたような、しかしまだはっきりとは見えません。

 

本だけは色々読むのですが、一流コンサルタントの人達も仕事の初期段階では仮設を基に行動するそうです。

 

とんでもなく頭の良い人達でさえすぐに正解や答えを出すことが出来ないのだから、自分ごときはなおさら「当たるも八卦当たらぬも八卦」で進むしかないでしょう。

 

バシッと決めたら、ガシガシ進める。

 

これしかない。

ひまつぶしに何かに力をぶっこんでみる

あーひまだ。

 

時間があまってしまう。

 

やりたくないことをやらないと、時間があまる。

 

やりたくないことをやって時間を埋めよう。

 

うーん、それではしかし。。

 

そうしたら、やりたくないこともやるけど、やりたいこともやろう。

 

時間はあまる。

 

今日NewsPicksを見ていたら、ワークライフバランスについて書いてあり、バランスというか、ワークもプライベートも人生のポートフォリオの一つに過ぎない、とのご意見が。

んで、その人生の時々でどのようにポートフォリオを組むか、変更するか、考えればいいんじゃないの?ってコメントがあった。

 

そうですね~。

 

今私のポートフォリオには無駄時間が多いかも。。

 

いや勿論そのポートフォリオでいいと判断するのならいいんだけど。

 

もうちょっと何かひまつぶしに力をぶっこみたいと思います。

 

何でもやってみようかな!ととりあえず思いました。

今できることに力を入れる

また前回から日が空いてしまいました。

 

書く力を付けようとしていたのですが、これではいかん。

 

具体的に理想を描いて、その理想像の要素を書き出し、その各要素を実現する為の行動を書き出し、実行する。

 

その必要がある。

 

今日は簡単に書き出してみた。

 

そしたら結構、行動が本を読むことになった。

 

しかし、書く力を付けるのは、仕事以外ではブログくらいしか思いつかない。

 

小説でも書いてみるのもいいのかもしれないけど、ちゃんと毎日続けるとしたら、

サクッとブログを書くのがいいだろう。

 

先ほど書いたように、理想を実現する為の行動まで書き出すことが出来れば、それを実行していくだけだ。

 

時間と体力というリソースを最大限に生かして実行したい。

 

実行しつつ軌道修正して。

 

理想はあるけれども、現実にはそのいくつも手前の段階の行動を積み重ねる必要があるかもしれないし、半端なく道のりは遠くなるかもしれない。

 

しかし、何かを全てかなえるのが人生なのではなく、何かに向かってプロセスを踏んでいくことが出来るだけで十分だろう。

 

結果は運もあるしどうなるかは分からない。

 

でもそこにたどり着くまでの小さい小さい一歩一歩は、確実に積み重ねることが出来る。

 

だから、”今”できることに集中するんだ。

 

 

 

 

仕事の進め方とプライベートの進め方は同じみたいだ

まだまだ暑いけど、いつの間にか夏が終わろうとしている。

 

今年も残り4カ月だけだ。

 

 

私は最近仕事術の本を買い漁りました。

(ここでいう仕事術は、タスク・ToDoの進め方です)

 

しかし、探してみるとそんなに沢山はありませんでした。

出回ってる本で30冊もないんじゃないかと感じました。

 

そして出てくる内容も大体同じ。

 

そこに出てきた仕事の進め方はこうでした。

 

①仕事の優先順位を付ける。

②仕事を分解する。

③分解したタスクのやり方を考える。

④自分で出来ないタスクは人に投げる。

⑤各タスクの所要時間を見積もる。

⑥タスクを進める。

 

その他の注意事項としては、以下の事等があります。

・成果の初期段階から、人のチェックを受ける。

・頭を使う事は午前中に終わらせる。

 

もっと簡潔な表現をすると、

PDCAを高速で回す」

となります。

 

と、こんな事を意識するようにして仕事を進めていたのですが、

最近何だか仕事のモチベーションが上がらず、

発奮材料として、マインドよりの自己啓発書を何冊か買いました。

 

その中に下の本がありました。

www.amazon.co.jp

 

この中で書かれている人生の進め方も、上に書いたような進め方と似ていたんです。

 

確かに仕事の進め方も、人生の進め方も、「自分の進めたいように、物事をどんどん進める」技術という意味では、違う方法になる理由がありません。

 

人生についても、仕事と同じように計画を立てていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰もが必ず死ぬ、ならどうする?

また前回から日が開いてしまった。

 

今日は満月だ。

 

この月は全世界どこから見ても同じなんだろうか?

 

そしたらすごいな、なんてことを思った。

 

違っていたら自分は阿保だ。

 

生きるものはみんな死ぬ。

 

いつ死ぬかは分からない。

 

でも必ず死ぬ。

 

人生だいたい80年くらいかな。

 

仮に今の年齢が20歳なら、それをあと3周したら死ぬ。

 

死んだら何も残らない。

 

生きている間何をしよう。

 

生きている間悩んだって仕方ない。

 

嫌な気分のまま生きる必要もない。

 

死ぬまで楽しみたい。

 

どうしたら自分は楽しいんだ?

 

それ考えて生きていきたい。

 

楽しくないまま生きて、楽しくないまま死ぬなんてごめんだ。

 

いつか死ぬ時にこう言えるくらいならいいかもしれない。

 

死ぬほどめいっぱい俺は人生を全うした。